ネイリストが育児・ネイルについて紹介しているブログ

虹色ルナサンドライト

ネイリストになるには ネイル

最短でネイリストに?スクール選びはコツが大事!もちろん通信も良し!

こんにちは、lunaです!

私は3歳と0歳の母でありネイリストをしています。

あなたはネイリストになることを諦めそうになった瞬間はありませんでしたか?

ネイリストになりたい!!でも・・・

子供が小さい
年齢が気になる
学校へ通える暇がない
学費代がない

そんな風に悩み、1度はネイリストを諦めようとしてしまった方にぜひ見てほしい。

ネイリストになるには様々な選択肢があります。
正解がないから自由に選ぶことが出来るのです。

最短でネイリストになりたい
有名サロンで勤めたい
コンペティターになりたい
自宅サロンを開きたい

今から学んで遅いことはひとつもありません!!

ネイリストになりたいから。

【でも…。だって…。】
そんな風に言い訳していたら勿体ない!

まずは初めにコストをかけず通信スクールで勉強だってできます。

実は私も通信スクール卒業生。
正直コストをかけたくなかったです。
しかし、勉強してから約7か月弱でネイリストとして勤務を始め、いまは10年目を迎えます。

実体験とともに通信・ネイルスクールに通うメリットデメリットをお伝えします。

ネイリストになる条件

ネイリストになる条件はありません。
国家資格ではないので、今日から私はネイリスト!と自称名乗ることは法律を犯さないので出来ます。

しかし、お客様のお爪周りを扱う以上必ず知識をしっかりつけてたくさん努力する必要があるため【絶対に資格を取りましょう】

まずはそこからすべてが始まります。

将来像をイメージして!あなたがなりたいネイリスト像は?

ネイリストになったら何がしたいですか?

なるべく最短で働きたい
有名サロンで働きたい
自宅でサロンを開業
ネイルの先生になりたい

どんなネイリストになりたいかの目標が経てることができるなら、歩むべき道が絞られてきます。

もちろん、『まだ、そんなのわからない…』と言う方も大丈夫ですからね。

 

最短でネイルの先生になりたい方で例えてみましょう。

ネイルの先生(認定講師)になりたい方は、ネイリスト協会認定スクールを卒業・すべての資格を保有・コンペティションに出場する必要があります。

 

通信スクールで勉強し資格を保有しても、『JNA認定スクール』に通いなおしをしなければならないので、
最短でトップネイリストを目指す方は圧倒的に通信スクールは遠回りになります。

ですがネイリストになる、という手段の場合はネイルスクールに通わなくても、通信スクールで勉強すると言うことも大有り。

自分のなりたい将来像を当てはめて考えてみましょう。

こちらの記事も参考に

ネイリストになるまでの大きな流れ

ネイリストになると言うことは、
目指すべきところであり、ネイリストとしてのスタートラインです。

ネイリストになる流れ

  1. ネイルスクールに通う
  2. 資格を取得する
  3. 就職する

1~3までの過程はとても大変ですが、
実はネイリストになるだけなら運が良ければ最短4,5か月もあればなれる可能性もあります。

ですが、早くネイリストになったからと言ってそれがいい事とは限りません。
将来像を目指す先で後悔が残ることもあるのでしっかり考えましょう。

それでは紹介していきます。

早くネイリストになって活躍したい

こんな方におすすめ

  • 通信講座
  • 個人サロンネイルスクール
  • スチューデントサロン有ネイルスクール

早くネイリストになりたい方は、通信スクールスチューデント(研修生)ネイルサロンがあるネイルスクールを選び通学しましょう。

ネイリスト検定を受けるためには、最低でもまず初めに3級を受験し合格する必要があります。

求人サイトを見てみてると、ネイリストの募集要項の中に
【ネイリスト検定3級以上】
と書いてあるサロンが少ないですがあります。この募集条件にはまるので面接が通れば晴れてネイリスト。

私もこのパターンでした。
2月に資料請求してから、4月の試験を受け5月に合格。そして、8月に面接に受かり9月からネイリストとして勤め始めました。

1社のサロンで面接落ちてしまいましたが、アルバイトをしながら隙間時間を作ってはその間も練習・勉強し続けて合格に至りました。

現在は衛生士やJNEC1級・ジェル検定上級と資格は取りましたが、当初はネイリストになったら資格取得は終わり、という残念な思考だったため取り終えるまで時間がかかりました。

【ネイリストになりたい】と言う目標の方が陥りやすいですが、資格試験は受けるほど基礎が磨かれると実感したのでネイリストになっても追い続けて欲しいところです。

そして通信以外おすすめは、スチューデントネイルサロン併設のスクール。

うまくいけば、試験勉強しつつお店に出させてもらえる場合があります。

この場合はスクールによって考え方も違うので、必ず見学時などにさりげなく問い合わせてみましょう。

有名サロンで働きたい

こんな方におすすめ

  • JNA認定スクール(大手)

絶対にネイリスト協会が認定したあかしとされるJNA認定スクールに通いましょう。

就職斡旋をしてくれますし、大手ネイルスクールを卒業しただけで面接で受かりやすくなります。

 

コンペティションにサロンで出たり、同じ目標をもちながら高みを目指していくことが出来ます。

また、先生とも顔見知りになれるので、情報を共有出来たり、よりネイルを楽しむことが出来るでしょう。

自宅でサロンを開業/出張ネイリスト

こんな方におすすめ

  • 開業コースのあるネイルスクール

学校をいきなり卒業してネイリストとして開業することは大変ですが、不可能ではありません。

私が過去に働いたサロンのオーナーもそうでした。

サロンで勤めず、開業したい!!と言う方は【開業コース】などを選択しましょう。

 

開業コースでは、開業に必要な事務的な部分もカリキュラムに含まれているので、

自宅サロンの開き方なども教えてくれます。

コンペティターになる

こんな方におすすめ

  • JNA認定スクール
  • 現役コンペティターの先生の個人スクール

コンペに出たい!と志が高い方は間違いなく大手スクールに通いましょう。

出会ったネイリストさんで多かったのが、黒崎えり子ネイルビューティーカレッジや中曽根先生が院長のNSJネイルアカデミーを卒業した方が多い印象。

そして現役ネイリストもスキルを高めるために、あたらめて通い始める人もいます。

また、個人スクールだとしても現役コンペティターの先生が開いているスクールもオススメ。
少人数制で、しっかりと教えてくれます。

ネイルの先生になりたい

こんな方におすすめ

  • JNA認定スクール
  • JNA本部認定スクール

ネイルの先生=認定講師になるためには『JNA認定スクール』を卒業しなければ講師試験を受けることすらできません。

今はなるつもりがなくても、いつかはなりたい…そう思う方は初めからJNA認定スクールに通うことをおすすめします。

 

先生としての就職も可能ですし、自宅で生徒さんをもって教えることも可能です。

選択肢が広いので、将来性が明るいともいえるでしょう。

まとめ。選択をするのは今かも知れない

ネイリストになる道は、自分次第でいろいろな選択肢があります。

 

正解不正解はありません。

 

いちはやく現役ネイリストになりたかった私は通信を選びました。

早く現役ネイリストに慣れたことでたくさん経験値を積めましたが、資格取得の面では結構足踏みをしたので無駄にしちゃったかな?など、10年もすると考えることが色々あります。が、後悔はしてません。

 

環境的に学ぶことが難しく諦めそうな方も、ぜひ1歩資料請求するだけでも考えは変わるかもしれません。

楽しいですよ、ネイリスト。

ヒューマンアカデミー☆はコース別で閲覧出来たり、金額もわかりやすいので1度見てみては?

 

ぜひ、ネイリストへの道を諦めずにチャレンジしてみてください。

-ネイリストになるには, ネイル

Copyright© 虹色ルナサンドライト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.