ネイリストが育児・ネイルについて紹介しているブログ

虹色ルナサンドライト

ネイリストになるには

ネイルスクールの探し方!自分に合ったスクール選びのコツとは?

こんにちは、lunaです!

スクール選び、迷っていませんか?

 

検索をしたら沢山のスクールがありますが、その中から更にコース選びをしたりともう大変。

聞いたことのない専門用語などあると、そっとページを閉じたくなります。

 

しかしスクール探しは、

これから歩むネイル人生において肝になる大事な事。

 

後悔のしないネイルスクールを探したいですよね。

 

ネイリスト歴10年を経て感じた、

大手スクール(JNA認定スクール)・個人サロンのスクール・通信学校の特徴を比較してみました。

 

 

まだ、どんな学校がいいかなと悩んでいたら!目標を決めることが学校選びの近道。

▼目的が定まっていない方はこちらの記事も参考にどうぞ

最短でネイリストに?スクール選びはコツが大事!もちろん通信も良し!

続きを見る

大手ネイルスクールって?仕事の選択肢広がるトップネイリストに

大手ネイルスクールの見分け方

筆記を勉強中

大手と言っても何が基準かわからない!!

これから踏み出そうとする世界のことはわかりませんよね。しかし区別は実は簡単です。

 

それは、

JNA(日本ネイリスト協会)本部認定校であること

まずはJNA・そしてJNA認定校・JNA本部認定学校の順を追って説明します。

JNAとは?

JNAとは日本ネイリスト協会のこと。

日本ネイリスト協会は、日本における健全なネイル産業の発展を目的として、1985年に設立されました。そして、ネイルに関する技能研修や資格認定などを通じて、ネイルの普及とネイリストの技能向上に努め、2006年4月には、それまでの20年の歴史を礎に、「特定非営利活動法人(NPO法人)日本ネイリスト協会」として新たなスタートを切りました。

引用 日本ネイリスト協会 

簡単に言うとネイル業界を取り仕切る、協会のこと。

技術を手にする資格として【ネイル検定】は有名ですが、それらネイルの関する技能講習や資格認定等を行っています。

JNA認定校・JNA本部認定校とは?

JNA認定校とは

jna認定校マーク

JNA認定校とは、ネイルを教育する施設として、日本ネイリスト協会が定めた施設・カリキュラム・教育者・学則等の必須要件を満たし、高度な知識と技術を持つプロのネイリストを養成する教育施設です。

引用 日本ネイリスト協会 

全学校がJNA認定校と認められるわけではありません。

協会が定めるとても厳しい審査基準を通過しなければ、認定されないのです。

 

ですから、認定校というだけでも十分にすごいスクールです。

有名どころでは、ヒューマンアカデミー☆。後述しますが、通信スクールも選べます。

本部認定スクールとは

本部認定校マークJNA本部認定校とは、

JNA認定校の中でも特にネイル教育に関する長年の実績と高い水準の教育を維持している教育施設です。

 

引用 日本ネイリスト協会

認定校の更なる上、本部認定校。

実績や高い水準が認められた学校の証なので、

トップネイリストになりたい・しっかりとネイルを学びたいと考えの方は、本部認定校を選ぶことをお勧めします。

 

都内の案内になりますが、

ネイリストになってもスキルアップの為さらに通う人が多い黒崎えり子ネイルビューティカレッジ

JNA会長の中曽根幸子先生が院長のNSJネイルアカデミー

などがお勧めです。

ネイリスト試験に強い!

まず試験を受けるJNA認定校の場合、講師の先生は必ず協会に所属しています。

 

試験にむけて細やかなテクニックやアドバイスを的確にくれることはもちろん、

試験内容に変更があった場合いち早く情報を教えてもらえたり、どのテクニックが点数が高いかなども教えてくれます。

試験を自校開催!

さらに認定校ではジェル検定が自校で開催するので慣れた認定講師の先生に試験を見てもらえます。

また、3級登録試験会場であるとネイル検定の3級も受けられるので尚いいですね。

 

実はこれはかなり大きなメリット!

会場に行く手間が省けるますし、慣れた先生が自分の試験を見てくれます。

 

これ逆に考えてみてください。自分が講師で自分の教え子の生徒が試験をうけていたら不合格させたいでしょうか・・・?

大きい声では言えませんが、そういうことも無きにしも非ずです。

就職に強い!あなたの未来を教えてくれる

大手スクールを卒業したとなれば履歴書に拍がつきます。

スクールのネームだけで例え上位資格を未所得でも希望のサロンに勤めることも不可能ではありません。

 

コースによってはさらに就職サポートや、自宅サロン開業のカリキュラムもあり。

卒業後自宅サロンを開きたい方は、スチューデントネイリストとしてサロン経験をさせてもらえる場合もあるので(学校によって違います)サロン経験を積まなくても流れを学ぶことができます。

デメリット…

  • 金額が高い
    コースにもよりますが金額が高いです。入学金や授業料だけでなく、材料費も自費の場合が多いです。金額は様々なのではっきり言えませんが、ネイル検定1級+ジェル検定上級までの対策コースで安く見積もって70万~100万円くらいと考えてください。

 

  • 通うのが大変
    スクールは都市部に多いため住まいによっては時間と交通費がかかります。さらに卒業するまで有効期限もあるので、遠かったり小さい子供がいると預けたり風邪をひくと当日キャンセルしたりと大変です。

 

  • 自分のペースで通えない場合がある
    人気の認定講師の先生は忙しく全国飛び回っていることも…。望む講師の先生のスケジュールと自分のスケジュールが合わない可能性もあるのです

大手はこんな方におすすめ

大手スクールのココがおすすめ

  • 最先端のトップネイリストになりたい
  • 開業したい
  • いずれは認定講師になりたい
  • 時間と予算に余裕がある

安くて通いやすい!個人サロン兼ネイルスクール

先生

JNA認定校とは違い個人スクールはそれこそピンキリです。

失敗しないスクール選びにはこつがあります。

失敗しない個人スクールとは

本部認定講師が在籍していてJNA認定サロンである。これが認定校の次に信頼できると言えます。

JNAに所属する講師にもヒエラルキーがあり、階級によってネームが違います。本部認定講師とは下から2番目ですが、試験管として点数をつけるだけでなく最終ジャッチメントを下せる権限があるのです!

さらに協会に尽くしていることが証明された人が本部認定講師になれるため、ネイルの最新情報にも詳しい人が多いのも事実。

 

JNA認定サロンは、上記の通り簡単に認められない栄誉のある証。個人スクールで認められていると言うことは企業努力をしている証でもあるでしょう!

認定サロンであり本部認定講師が在籍しているスクールは、とても安心と言えると思います。

 

学費が比較的安い!他メリットも

大手と比べ、個人の特徴がでる個人スクールです。

特徴を見ていきましょう。

  • 大手に比べると少し安い
  • 先生が1人の場合、少人数orマンツーマンで指導してくれる
  • 講師との距離が近くしっかり見てもらえる
  • 気軽に相談しやすい
  • 都市部まで通わなくてもいい
  • 運良ければそこのサロンで働けたりする
  • 託児付きのサロンもある

サロンによってウリが違います。

先生に認められれば、『うちのサロンで働かない?』なんて誘われることも。(私の勤めていたところでは実際4年で3名もいた)

 

また、先生との距離感が近いので質問しやすかったり、より丁寧に教えてくれる場合が多いです。

デメリット&NGスクール

  • 講師の技術と金額が見合ってない
    認定講師ではないのに高額なスクール費をとる”ぼったくり”スクールは気を付けてください。

 

  • サロンの雰囲気が古い!?
    ネイル界は常にトレンドをいきます。古臭いサンプルばかりが目立つとちょっとキケン…講師としての知識も古いのかも疑いましょう。プッシャーの当て方など、過去と変わっていたりしますので新しい情報を取り入れる姿勢のある講師か見定められるかもしれません。

 

  • 講師があいまいな回答をする
    教えてほしいのに、大丈夫だよ!などだけの言葉で終わってしまうと正解がわからないままになることも。講師本人がわかってないパターンや優しすぎる場合あります。

 

  • いい学校を探すのが大変
    認定サロン・本部認定講師・認定講師・・・聞きなれない言葉ばかりでスクール探しじたい結構大変です。

 

  • 講師と性格が合わなかった場合最悪
    1人講師のスクールだと相性が悪いと逃げ場がないです。せっかく大好きなネイルが嫌いになってしまう人も・・・。

個人スクールはこんな人におすすめ

こじん個人スクールのココがおすすめ

  • 講師と近い距離間で学べる
  • 託児付きなど特徴があれば3歳未満も学べる
  • のんびりした雰囲気で楽しく学べる

格安!在宅OK通信スクール

勉強している女性

通信スクールはとにかく費用がかかりません。

かく言う私も、ネイリストを目指したときに金額に惹かれて通信を選びました。

 

目指すべきはトップネイリストではなくても、ネイリストへ踏み出すきっかけとして始めやすいのが通信講座だと言えるでしょう。

通信のメリットは格安!

通信講座はやはり金額が魅力的です。ネイルは学費だけでなく、消耗品も多いため何かとお金がかさむのが現実です。

スクールに通う資金は…

  • 夫の給与を私的に使う
  • ローンを組む
  • 独身時代の貯金を崩す

どれも踏みとどまってしまうような選択肢です。

こういったリスクが少ないのが通信の魅力と言えるでしょう。ほかにもメリットはたくさんあります。

時間や人に縛られない

主婦やママはどうしても時間がありません。

今は兼業主婦も多い時代ですからなおさら時間がない・・・。

通信であれば働きながら・子育てしながらの隙間時間で勉強できるのです。まだ、万が一子供が病気になってもスクールをキャンセルする…などしなくていいのでストレスフリーですよ。

そして人と接しなくていい。

同じスクールに通えば切磋琢磨高めあおう!なんて雰囲気もありますが、時間がない身としては面倒な人付き合いが必要ないので気楽に勉強できます。

お金をかけず最短で!?ネイリストに

ネイルスクールに通うとなると、検定試験と並行しながらカリキュラムを消化していくので終えるまで時間がかかります。

その点通信は家で学び、試験を受けに行き合格をもらえば就活だって身軽にできるのです。

 

ネイルサロンの採用条件は2級以上が多いですが、サロンによっては3級以上という簡単な条件なところもあります。

 

ぶっちゃけてしまうと3級は失格項目にひっかかりさえしなければ、ほぼ受かるような採点基準。

2級合格は合格率が低くなるためとても難しいですが、それを乗り越えてしまえばスクール生徒でいるより早くネイリストになれる可能性があります!!

 

3級の試験の日程は他の試験よりも多いため、チャンスが沢山。

運が良ければネイリストへの道は最も早いとも言えます。

通信のデメリット

  • やる気と根気がとにかく必要
    スクール生よりもずっと努力が必要です。さらに家にいるとついついスマホやテレビ見ちゃったりと誘惑がいっぱい・・・意思を強く継続しなければなりません。

 

  • その場で疑問が解決しない
    講師がいるわけでないので、わからないことはすぐに解決しません。ファイリングしたチップを郵送したり、写真を送り添削してもらうようなスタイルです。スクーリングがある講座を選べばその際に聞けます。

 

  • 我流で行うと変な癖がつく
    ニッパーのハンドリングなども試験では見られます。独自の持ち方ですると減点対象になる場合も。

デメリットは簡単に補える

★わからないことは常にメモを


写真添削の際はわかるまで質問したり、スクーリングの際にも恥ずかしがらずに聞いてください。
何がわからないかわからない・・・という方ニッパーのハンドリング・ファイルの持ち方動かし方・ポリッシュの塗りかたなど聞くのがおすすめです
lunaさん
貴重なチャンスは逃さないで!しつこくても聞くのがマスト

★同じ境遇の人をSNSで探そう


インスタグラムなどで”ネイル検定3級”など検索するとタイムリーに同士が頑張ってる姿が刺激になります。やる気ゲージが落ちてきてしまったら、自分も投稿して追込みかけるのもおススメ

通信はこんな人におすすめ

通信のココがおすすめ

  • お金をかけたくない
  • コツコツ痩せるるのが得意
  • 孤独が苦じゃない
  • 乳児や幼児のママ
  • 対人関係が苦手

上記でも述べた、ヒューマンアカデミー☆は通信講座だけで9種もあるのでとにかく充実!

サクッと資料請求で、ネイリストへ第一歩踏み出してみましょう。

おわりに。

ネイリストはやりがいがあり、いつまでも新鮮で終わりがない仕事です。

技術をものにして、ネイリストをめざしましょう♪

-ネイリストになるには

Copyright© 虹色ルナサンドライト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.